Amazonギフト券の購入方法は?買い方と格安にする方法も紹介

Amazonギフト券の購入方法を知りたいと思っていませんか。

格安で購入できる方法があるなら使ってみたいと考えている人もいるでしょう。

Amazonギフト券は贈り物に適していて、Amazonを利用する人ならきっと喜んでもらえます。

お得に購入できたら自分でもAmazonを便利に使えるでしょう。

この記事ではAmazonギフト券の基本的な購入方法からお得な買い方まで詳しく紹介します。

Amazonギフト券の基本的な購入方法と買えるギフト券の種類

まずはAmazonギフト券の基本的な購入方法を見ていきましょう。

Amazonギフト券はAmazonが公式に発行しているギフト券なので、オフィシャルサイトでも購入できます。

しかし、印刷タイプのAmazonギフト券は店頭で購入することも可能です。

ここではそれぞれの購入方法でどのようなAmazonギフト券を買えるかを解説します。

Amazonのオフィシャルサイトで購入する

Amazonのオフィシャルサイトではデジタルタイプ、印刷タイプ、配送タイプ、チャージタイプのAmazonギフト券を購入できます。

EメールタイプはAmazonギフト券のギフトコードを記載したEメールで送付する方法です。

印刷タイプは購入後に自分で紙に印刷をしてギフトとして渡せる仕組みになっています。

配送タイプには以下のようにさまざまな種類があり、いずれもAmazonが印刷してパッケージングをした形で配送してくれるのが特徴です。

・カタログ型ギフト券
・商品券タイプ
・ボックスタイプ
・封筒タイプ
・グリーティングカードタイプ
・マルチパック

チャージタイプは自分で使えるAmazonギフト券です。

正確に言えば、AmazonのアカウントのAmazonギフト券残高にチャージする仕組みになっています。

100円から50万円まで1円単位で自由にチャージできるので便利なサービスです。

コンビニやディスカウントストアで購入する

コンビニやディスカウントストア、スーパーやドラッグストアなどではAmazonギフト券を店頭で取り扱っている場合があります。

販売店で取り扱っているAmazonギフト券の種類はカードタイプ、ボックスタイプ、商品券タイプの3つです。

ただし、販売店によって取り扱っている種類が異なります。

カードタイプには3,000円~20,000円のAmazonギフト券と、1,500円~50,000円の間で1円ずつ自由に金額を指定して購入できるバリアブルのカードがあります。

カードタイプは取扱店舗が多く、コンビニだけでなく、ジョーシンなどの家電量販店、ツルハドラッグやサンドラッグなどのドラッグストア、TSUTAYAやイオン、ヨークマートなどでも購入可能です。

ボックスタイプ3,000円~50,000円の間で1円単位の金額指定で購入できるオリジナルギフトボックス付きのAmazonギフト券です。

ボックスタイプはコンビニやイオン、TSUTAYAやドン・キホーテなどで販売されています。

商品券タイプは1,000円の商品券のデザインになっているAmazonギフト券で、複数枚セットでの購入になります。

3枚、5枚、10枚のセットでの販売がおこなわれているのが一般的です。

商品券タイプを取り扱っている店舗はまだ少なく、ファミリーマートやローソンが代表的です。

Amazonのオフィシャルサイトでの購入方法

Amazonギフト券をAmazonのオフィシャルサイトで購入するときには、ギフト券のページから選ぶのが簡単です。

タイプで一覧から選ぶことも、用途から検索をすることもできます。

Eメールタイプや印刷タイプの場合にはデザインがいろいろあるので好きなものを選びましょう。

種類によって指定できる金額に違いがある点には注意が必要です。

購入するAmazonギフト券を決めたらデザインを指定して詳細を入力します。

Eメールタイプでは金額と配送方法、受取人のEメールアドレスまたはショートメッセージの宛先の電話番号を入力します。

送り主の名前とメッセージを記入して送信日を決めたら終わりです。

印刷タイプの場合には金額とメッセージのみ入力できます。

配送タイプではデザインと金額を決められます。

チャージタイプの場合にはデザインや詳細の入力がなく、金額を指定するだけです。

一通りの項目の入力を終えたら、今すぐ購入するか、カートに入れて支払いをすれば購入手続きは終了です。

Eメールタイプは指定した日時に相手に送信されます。

印刷タイプの場合にはすぐにEメールで送られてきて利用可能です。

配送タイプは支払いのときに指定した配送方法で手配してもらえます。

チャージタイプの場合にはすぐにアカウントのAmazonギフト券残高に反映されます。

Amazonギフト券の店頭での購入方法

Amazonギフト券を店頭で購入するときには店舗によって購入方法が違うので気を付けましょう。

ファミリーマートやミニストップ、ローソンやセブンイレブンなどのコンビニではマルチメディアキオスクで購入します。

例えば、ローソンに設置されているマルチメディアキオスクのロッピーではどのような流れかを確認しておきましょう。

ロッピーで各種サービスメニューを選択した後、携帯・国際プリペイドを選びます。

そして、ネット用マネーの項目にAmazonギフト券と書かれているので選択しましょう。

ネット用マネーの一覧からAmazonギフト券を選ぶと、金額を指定して購入手続きができます。

最後に払込票が印刷されるので、レジに持って行って支払いをすればAmazonギフト券を手に入れることが可能です。

マルチメディアキオスク端末の種類によって選択項目には違いがありますが、基本的には国際プリペイドの電子マネーを探せばAmazonギフト券の購入画面にたどり着きます。

店頭にマルチメディアキオスクがない店舗では、トークンを探してレジで購入するのが一般的です。

トークンにはAmazonギフト券の金額や種類が記載されているので間違えないように選びましょう。

同じトークンで複数の金額のAmazonギフト券を買える仕組みのことがほとんどです。

3,000円分、5,000円分、10,000円分と記載されている場合には、レジにトークンを持って行って希望の金額を伝えます。

後はレジで支払いをするだけでAmazonギフト券を購入可能です。

トークンがディスプレイされている場所は店舗によって違いますが、レジ周辺のことが多くなっています。

見当たらないときには店員にAmazonギフト券の所在を聞いてみましょう。

Amazonギフト券を格安で購入する方法

Amazonギフト券はオフィシャルサイトや店頭で通常購入をするのが基本です。

ただ、買い方によってAmazonギフト券はもっとお得に手に入れられます。

ここではAmazonギフト券を格安にできる購入方法を紹介するので参考にしてください。

Amazonのキャンペーン中に購入する

Amazonギフト券をAmazonのオフィシャルサイトで購入する場合にはキャンペーンを狙うとお得です。

Amazonのキャンペーンのページにアクセスすると、自分が対象のキャンペーンが実施されているかどうかを確認できます。

Amazonでは通常会員とプライム会員で対象となるキャンペーンが違うので気を付けましょう。

特に大きなイベントのプライムデーやブラックフライデーなどのタイミングではAmazonギフト券を格安で買えるチャンスです。

大きなイベントのタイミングでなくても、期間限定でお得にAmazonギフト券を購入できるケースがあります。

例えば、Amazonギフト券を現金でチャージすると最大2.5%のAmazonポイントをもらえるキャンペーンが実施されていたことがあります。

また、プライム会員限定のキャンペーンでは、チャージタイプのAmazonギフト券をクレジットカード払いで購入すると0.5%のポイント還元がおこなわれていたことがありました。

初めてAmazonギフト券を買う人限定でポイントプレゼントするキャンペーンも実施されていることがあります。

ポイントをうまく活用する

Amazonギフト券を格安にする購入方法としてポイント還元を活用する方法があります。

Amazonギフト券は現金で購入すればAmazonポイントが還元されるのでお得です。

特にチャージタイプのAmazonギフト券は最大で2.5%の還元を受けられます。

通常会員では0.5%~2.0%のポイント還元率ですが、プライム会員になると0.5%上乗せされて1.0%~2.5%になります。

金額が大きいほどAmazonポイントの付与率が高くなるため、まとめてチャージするのが大切です。

また、クレジットカードやコンビニ払いを活用してポイント還元をする方法もあります。

還元率の高いクレジットカードでAmazonギフト券を購入すると、Amazonポイントよりも大きなポイント還元を受けられることもあるでしょう。

コンビニ払いではAmazonポイントの付与対象になりますが、原則としてコンビニでの支払いのときにクレジットカードは使えません。

しかし、セブンイレブンでnanacoによる支払いをすれば2重取りができます。

nanacoはクレジットカードでチャージできる数少ない電子マネーだからです。

この方法ではAmazonポイントとnanacoのチャージのときに獲得したクレジットカードのポイントを獲得できるので格安になります。

Amazonギフト券の売買サイトを利用する

Amazonギフト券の正式な購入方法ではありませんが、売買サイトで購入することも可能です。

Amazonでは正式に認めているところでしか購入してはならず、買い方を誤ると無効化されることもあります。

売買サイトは自己責任で利用するのが前提ですが、格安にしたいなら選択肢の一つになります。

Amazonギフト券の売買サイトに出品されているギフト券を選んで支払いをするだけなので購入方法は簡単です。

サイトによって詳しい利用方法は異なりますが、Amazonギフト券を選んで決済に進むか、あらかじめアカウントに現金をチャージしておいて購入する仕組みが主流です。

Amazonギフト券のギフトコードを手に入れられるので、Amazonにログインしてアカウントに登録すれば利用できます。

ポイントサイトを利用する

Amazonギフト券の購入方法にはポイントを使うやり方もあります。

ポイントサイトを利用するとAmazonギフト券と交換することが可能です。

多くのポイントサイトではポイントをAmazonギフト券に交換するときに1%~5%程度の割引になります。

そのため、他の電子マネーなどに交換したり、銀行振込をしてもらったりするよりもお得です。

ポイントサイト間でポイント交換ができることが多いので、使わないポイントをまとめてお得な交換率のサイトでAmazonギフト券にすると格安にできます。

Amazonギフト券を購入するときの注意点

Amazonギフト券を購入するときには押さえておいた方が良い注意点があります。

Amazonギフト券の購入方法とも深い関連性があるので詳細を確認しておきましょう。

購入方法によって買えるAmazonギフト券が違う

Amazonギフト券は購入方法によって買える種類が違うので注意しましょう。

オフィシャルサイトではEメールタイプや印刷タイプの購入ができますが、コンビニなどでは購入できません。

店頭でも取り扱っているAmazonギフト券の種類も金額も違うので注意が必要です。

例えば、商品券タイプのAmazonギフト券を取り扱っている店舗でも、20,000円のセットを販売しているところと販売していないところがあります。

カードタイプではバリアブルの取り扱いがある店舗と取り扱っていない店舗があるので気を付けましょう。

Amazonギフト券には有効期限がある

Amazonギフト券はずっと使えるわけではなく、有効期限が定められています。

基本的にはAmazonギフト券の有効期限は発行日から10年間です。

店頭で購入できるカードタイプやボックスタイプ、商品券タイプの場合には購入時点から10年間になります。

Amazonギフト券自体には有効期限が書かれていないので、アカウントに登録しないといつまで利用できるかがわかりません。

まとめ買いをしてギフトに使おうとすると、有効期限が近いAmazonギフト券を贈ってしまうこともあるので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。