amazonギフト券を間違えて登録してしまったらどうなるか

友達にあげようと思っていたamazonギフト券を間違えて登録してしまった、間違った額面で購入したギフト券をそのまま登録してしまったなどの経験がある方もいるでしょう。

では間違えてamazonギフト券を登録してしまった場合、登録の取り消しは可能なのでしょうか。

間違って登録してしまった場合にどうなるのかという点と合わせて、間違った額面を購入した場合の対処法を考えてみましょう。

アカウント登録後のキャンセルは不可

自分用ではなく、プレゼント用として購入したギフト券を、間違って自分のamazonアカウントに登録してしまった経験がある方もいるでしょう。

また自分用に購入したものでも、予定していた額面より多く購入してしまったことに気づかず、そのまま登録してしまうこともあるかもしれません。

しかし間違って登録してしまったという場合であっても、1度amazonのアカウントに登録してしまうと取り消すことはできないため注意が必要です。

取り消しはできないため、登録する前にそのまま手続きを進めて問題ないamazonギフト券なのかよく確認することが大切です。

また実際に登録するときに注意が必要なポイントの1つが、ギフト券の額面を分割して登録することもできないという点です。

例えば3000円分のamazonギフト券があったとしたら、1度にまとめて3000円分を登録することになります。

1500円ずつ2回にわけて登録することはできないので注意しましょう。

1500円ずつ登録したい場合、3000円分のギフト券を購入するのではなく、1500円分のギフト券を2回購入する必要があります。

間違って購入した場合にキャンセルはできるのか

amazonギフト券を購入するとき、予定していた額面より多く購入してしまうこともあるでしょう。

実は予定していた額面より多く購入してしまったという場合であっても、ギフト券のタイプによってはキャンセルできる可能性もあります。

デジタルタイプはキャンセルできるのか

amazonギフト券におけるデジタルタイプで注意が必要なポイントの1つが、1度に50万円分のギフト券まで購入できるという点です。

そのため5万円分を購入するつもりが、0を1つ多く入力してしまって50万円分になってしまう可能性もあります。

入力ミスで予定以上の額面を購入してしまうことがないように、購入手続きをする前に額面に間違いがないかよく確認することが大切です。

そしてデジタルタイプは、基本的に購入したらすぐにギフトコードが発行される仕組みになっています。

購入後すぐに決済が完了してギフトコードが発行されるため、原則としてキャンセルができないので、購入前の確認を忘れないようにしましょう。

またデジタルタイプのamazonギフト券を購入した場合であっても、チャージタイプを選択したという場合であれば、購入後のキャンセルが可能な場合もあります。

チャージタイプでは、市洗いをコンビニやネットバンキングなどの現金払いを指定できます。

そして現金払いを指定した場合、購入後であっても注文の6日後までに支払いをしないとキャンセル扱いとなります。

間違って購入した場合には、お金を払わないという選択肢もありますが、基本的には間違って購入しないように注意することが大切です。

またEメールタイプの場合、購入してからすぐに送信するのではなく、送信を予約できる仕組みもあります。

そして送信予約を使ったという場合であれば、送信の3日前までのタイミングならキャンセルが可能です。

注文履歴から商品のキャンセル手続きが可能なので、間違って購入した場合には早めに対処しましょう。

配送タイプやシートタイプは購入後にキャンセルできるか

amazonギフト券はデジタルタイプではなく、友達にプレゼントするために配送タイプを注文したという場合もあるでしょう。

ですが注文時に額面を間違えてしまったので、キャンセルしたいという場合も見られます。

配送タイプをキャンセルしたい場合、発送前のタイミングであればキャンセルができます。

購入後すぐに発送されるのではなく、発送タイプの場合には梱包の作業が入るため発送前に少し時間がかかります。

つまり注文直後のタイミングであれば、発送の準備が終わっていないので、キャンセルができる可能性が高くなります。

注文履歴からキャンセルの手続きができますが、発送の準備が完了するとキャンセルの手続きができなくなってしまうので注意しましょう。

amazonは発送の対応が早いため、間違った額面を購入したという場合であれば、早めにキャンセルの手続きが大切です。

一方でシートタイプの場合、コンビニなどの端末で発行して購入することになります。

この場合、コンビニなどの端末で発券したら購入手続き完了ではなく、発券後にレジへ持っていって支払いが完了した時点で購入手続きが完了です。

また発券してから30分以内にレジへ持っていかないと、自動的にキャンセル扱いとなるため忘れずに支払いを済ませることが大切です。

逆に言えば、レジで支払いをする前であれば、コンビニなどの端末で発券をした後でもキャンセルができます。

そこでシートタイプを発券した後は、レジへ持っていく前に額面に間違いがないかよく確認してから支払いを済ませることを忘れないようにしましょう。

購入後の商品でもキャンセルはできるのか

amazonギフト券を利用してamazonで商品を購入する際、注文する商品を間違えたという経験はありませんか。

もしも注文する商品を間違えたという場合であっても、発送前の段階であればキャンセルが可能です。

注文履歴から注文の詳細を確認し、商品のキャンセルを選択していくことでキャンセルの手続きが可能です。

ただし当日配送や翌日配送に対応している商品が多いため、早めに手続きをしないと発送準備済みでキャンセルができなくなってしまう場合もあるため注意しましょう。

またamazonギフト券で購入した商品をキャンセルした場合、amazonギフト券で返金は行われます。

ちなみにamazonポイントも使ったという場合であれば、amazonポイント分の返金があるので確認しましょう。

ただし返金はすぐに行われるのではなく、返金の手続きには数日かかります。

登録後は買取も利用できないので注意

amazonで買い物をする機会が少ないので、amazonギフト券は自分で使うのではなく、買取サイトで売ろうと考えている方もいるでしょう。

そのような場合に注意が必要なポイントとなるのが、amazonのアカウントに登録してしまったギフト券は、どのような場合であっても買取サイトで買い取ってもらうことはできないという点です。

買取サイトで買取の対象となるのは、登録していないギフト券のみです。

そのため買取の利用を検討している場合には、登録しないで買取の手続きを進めるようにしましょう。

登録してから欲しいものがないからamazonギフト券の使い道がないと焦ることがないように、登録前に自分で使うのか買取に出すのかよく考えて登録することが大切です。

間違って登録したらamazonでの買い物に利用しよう

間違って登録してしまった場合でもamazonギフト券は取り消しができないため、取り消しの方法ではなく、登録してしまったギフト券をどのように利用するか対処方法を考えていく必要があります。

amazonギフト券における主な使い道は、amazonのサイトで商品を購入する方法です。

すぐに欲しいものがないので、登録してしまったギフト券が無駄になると考える方もいるかもしれません。

しかしamazonギフト券は、発券してから10年の有効期限があります。

比較的有効期限が長いため、今すぐに使うのではなく、欲しいものができるまで取っておくことが可能です。

ただし10年の有効期限があると油断していると、存在自体を忘れてしまう可能性もあります。

存在自体を忘れることがないように、amazonギフト券がどのくらいあるのか把握しておくことも大切です。

Amazon Payで使ってみよう

amazonギフト券における使い道は、amazonの公式サイト内での買い物のみというイメージを持っている方もいます。

しかしamazonギフト券は、Amazon Payの支払いでも利用できます。

つまりAmazon Payでの買い物に対応しているサイトなどを利用することで、amazon以外のサイトで間違って登録してしまったギフト券を使用できるかもしれません。

実際にAmazon Payが利用できるサイトには、ふるさと納税のサイトから家電量販店など多くの選択肢があげられます。

Amazon Payでの支払いに対応しているサイトも多くあるため、自分が必要なものを購入するときの支払い方法として間違って登録してしまったギフト券が利用可能という点を押さえておきましょう。

登録済みのamazonギフト券を現金化する方法を知ろう

amazonギフト券の買取を利用して現金化したいと思っていたものの、間違って登録してしまったので現金化はできないと考えてしまう方もいます。

しかし登録後であっても、現金化をする方法はいくつか存在しています。

そこで登録後の現金化の方法には、どのような選択肢があるのか考えてみましょう。

ギフト券買取サイトを利用しよう

登録済みのamazonギフト券を利用して、amazonでiTunesカードの購入が可能です。

そして購入したiTunesカードをギフト券買取サイトで買い取ってもらうことで、現金化するという方法があげられます。

iTunesカードが手元に届けばすぐに現金化が可能なので、スムーズに現金化したいというときにはギフト券買取サイトを利用した現金化の方法を検討しましょう。

またiTunesカードは、ギフト券買取サイトで額面の70%~80%前後で買い取ってもらえます。

買取金額はギフト券買取サイトによって異なるので、少しでも多く現金化したいなら、買取サイトを比較することが大切です。

購入した商品を転売する方法

間違って登録してしまったamazonギフト券を現金化したいなら、amazonのサイトで購入した商品を転売するのも1つの手です。

ゲーム機やスマートフォンなど換金率の高い商品を購入して転売できれば、多くの金額が手元に残ります。

ただし換金性の低い商品を購入してしまった場合、最初に登録したギフト券の額面と比較して大きく損をすることになってしまうので注意しましょう。

また転売する場合、フリマアプリや買取サイト、ほかにも実店舗型の買取店で売るなどいくつかの選択肢があります。

転売方法ごとに特徴には違いがあるため、それぞれの方法におけるメリットやデメリットを理解したうえで転売することが大切です。

アカウント買取はリスクが大きいので避けよう

amazonのアカウントごと買取を行っている業者がいるため、そのような業者を利用すれば間違って登録してしまったamazonギフト券を無駄にせずに済むかもしれません。

しかしamazonのアカウント買取は、個人情報の漏洩やクレジットカード情報の漏洩、さらにはamazonアカウントに再登録できなくなるなどのリスクがあります。

アカウント買取はリスクが大きいので、間違って登録してしまったamazonギフト券を現金化したいなら、何らかの商品を購入して現金化するという方法を利用するようにしましょう。

一番大切なのは間違えて登録しないこと

一度間違えて登録してしまったamazonギフト券は、登録をキャンセルすることはできません。

登録後にiTunesカードを購入してギフト券買取サイトで売るなどの方法で現金化も可能ですが、登録前のamazonギフト券をそのままギフト券買取サイトで売る方法と比較すると手間も時間もかかってしまいます。

面倒な手間を増やさないようにするためにも、amazonギフト券は間違えて登録することがないように注意することが大切です。

購入前と登録前にそのまま手続きを進めて問題ないか、よく確認することを忘れてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。